いよいよツアー開始!Day 1

ニューヨーク大学 ~ジェンダーニュートラル寮!?大学がLGBT学生サポート!~

8月31日 

 

LGBT×教育

  

訪問団体: NYU (New York University)LGBTQ Student Center

 

●どんなところ?

ニューヨーク大学(NYU)が運営しているLGBT学生センターで、LGBT学生むけに様々なサポートを提供している。キャンパス内に事務所と、学生ラウンジを併設したセンターをもち、誰でもいつでも利用可能となっている。LGBT学生センターにはフルタイムの職員が2人、パートタイムの院生が数人、それからパートタイムの学部生スタッフが数名働いている。

 

活動内容は多岐にわたり、LGBT映画上映会、ゲストを呼んでの講演会、ドラッグクイーンコンテストなどの企画運営から、カミングアウトに関する相談(対面およびオンライン)、LGBT学生サークルへのサポート(資金面、活動面ともに)、学生寮RA(レジデンスアシスタント)へのSAFEZONEトレーニング(LGBT基礎知識講座)なども行っている。

 

NYUのLGBT学生センターは1992年に設立されアメリカで2番目に古い大学設置のLGBTセンターである。

 

●今日ここで行ったこと

 

センターを実際に訪問予定だったのに、レイバーデイ3連休のため、建物の中に入れず、急きょ青空の下で、LGBTセンターの学部生スタッフにセンターの概要についてお話してもらった。参加者それぞれが聞きたい質問をすることもでき、いろいろなことが聞けた。

 

その後、新入生歓迎ウィークの行事のひとつ、クイアーフィールドデイ@セントラルパークに参加させてもらい、NYUの学生約40人と楽しくゲームをしたりお菓子を食べたりした。なかでも“でっかいおしりゲーム”という謎の名前のゲームは楽しかった。笑

 

 

●ここが面白かった!

 

まず初めに、大学がすべてお金をだして、LGBTの学生サポートに取り組んでいることを素晴らしいと感じた。

 

ただ、このLGBT学生センターが設置されていない大学もアメリカにはあることも事実で、どうしてNYUがこのような大きなセンターがあるかというと、学生が自ら自分たちでサークルを組織することから始め、大学にLGBT学生サポートのニーズを訴えたからである。

 

日本でも、このようなLGBTセンターの大学への設置を目指すには、そのニーズをきちんと可視化し、大学に伝えていかなくてはならない。

 

またすべての寮のRAレジデンスアシスタントにSAFEZONEトレーニングを行ったり、ジェンダーニュートラル寮(従来のジェンダーの考え方に縛られない寮)の設置などは本当に画期的で重要なことだなととくに感じた。

 

訪問団体hp:

http://www.nyu.edu/life/student-life/student-diversity/lesbian-gay-bisexual-transgender-and-queer-student-center.html

 

(記事:まっきー)

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    タカタカ (土曜日, 07 9月 2013 12:36)

    勉強になります。